De'Longhi Coffee デロンギ コーヒーマシン公式サイト

De'Longhi デロンギ

HOME > 製品情報 > 全自動コーヒーマシン > ESAM03110S

ESAM03110S

デロンギ マグニフィカ

全自動コーヒーマシンのエントリーモデル。
いつでも手軽に、香り高き一杯を。

COLOR シルバー
豆/パウダー|ミルクフロッサー|量・濃さ設定

外形寸法(mm):W280×D425×H365

希望小売価格:95,000円(税別)

  • お近くの販売店を探す
  • オンラインショップで購入
ESAM03110S

※ESAM03110Sは、「豆量」「抽出量」「湯温度」のカスタマイズとなります。

製品の詳細スペック

型式番号
ESAM03110S
仕様
シリーズ名: マグニフィカ
外形寸法(mm): 幅280×奥行425×高さ365
本体質量(kg): 10.5
色: シルバー
電源コードの長さ(m): 2.0
電圧/周波数: AC100V/50/60Hz
消費電力(W): 1450
ポンプ圧(気圧): 15(抽出時9)
ボイラー: シングル
着脱式給水タンク容量(ℓ): 1.8
豆ホッパー容量(g): 200
グラインダー: 7段階・低速回転コーン式
コーヒー粉使用:
コーヒー濃度設定: つまみ調整
抽出量調節: 1杯抽出:約20~180cc 2杯抽出:約40~360cc
カス受け容量: 1杯抽出:14回分 または 2杯抽出:10回分
コーヒー抽出口高さ(cm): 9~12
機能
  • 抽出温度設定 : 4段階
  • 着脱式抽出ユニット
  • ディスプレイ表示 : 無し
  • ミルクの泡立て : 手動
  • スチームノズル : 二重構造高性能ミルクフロスター
  • 除石灰洗浄プログラム
  • 給湯機能
  • 節電機能
  • 自動電源OFF機能
  • 自動電源OFF時間設定
付属品
  • クリーニングブラシ
  • 計量スプーン
  • 除石灰剤
  • 水硬度チェッカー
  • 簡易マニュアル
  • お試しコーヒー豆セットプレゼントハガキ
保証期間
1年
生産国
イタリア
その他
  • 再資源化システム
  • 欧州RoHS指令適合

製品の詳細スペック

製品の特徴

ミルクフロッサーで力プチーノもカフェラテもお手のもの

ミルクフロッサーで力プチーノもカフェラテもお手のもの

二重構造高性能ミルクフロッサーを使ってスチームでミルクを泡立てれば、カフェで飲むようなふわふわミルクも簡単。

無段階調節が可能なコントロールパネル

無段階調節が可能なコントロールパネル

パネルのつまみを回すだけで、 抽出量や粉量(濃さ)を無段階に調整できます。 抽出温度も4段階で設定可能。

いつでも豆を挽きたて 香りを逃さず、豆を挽く

いつでも豆を挽きたて 香りを逃さず、豆を挽く

エスプレッソの豆を挽くのに最適なコーン式グラインダーを採用。低速回転で豆を挽くため、摩擦熱が発生しにくく、エスプレッソの命であるアロマを逃しません。また、粒度を均一にできる点も魅力です。

挽いた豆を最適な圧でタンピング 抽出ユニット

挽いた豆を最適な圧でタンピング 抽出ユニット

挽いた豆をフィルターケースに詰め、均一な圧で押し固めることができる抽出ユニットを採用。このバリスタ並みの絶妙なタンピングが、エスプレッソを美味しくします。

2杯同時に淹れられる便利な抽出口

2杯同時に淹れられる便利な抽出口

2杯同時に抽出可能で、カップの大きさに合わせて高さを調節できます(9~12cm)。デミタスカップからマグカップまでOK。

香りの強さの指数

挽きたてだから最高の香り

コーヒー豆は、挽いた直後に最も香りを放ちます。
もちろん挽きたての豆から抽出するのが、最も理想的です。

  • ※味香り戦略研究所調べ
優れたコストパフォーマンス

優れたコストパフォーマンス

毎日飲むコーヒーだから、コストも気になるところ。豆から挽くデロンギのコーヒーなら、1/3以下のコストで楽しめます。味はもちろんコストで選んでもデロンギ。

  • ※大手ECサイトにおいて「エスプレッソ用 コーヒー豆」をおすすめ順でソート。1ページ目に表示された上位24銘柄を元に1杯あたりの金額を算出。1杯あたり8gの豆消費で計算。2016年4月時点。
日本の安心

日本の安心

デロンギ・ジャパンでは独自のアフターサービス体制を完備。コールセンター、修理部門、ロジスティクスに至るまで、常に改善や投資を重ね、進化を続けています。

全自動コーヒーマシンのエントリーモデル。いつでも手軽に、香り高き1杯を。 デロンギ マグニフィカ ESAM03110S
  • お近くの販売店を探す
  • オンラインショップで購入
お客様から寄せられたメッセージを紹介【ユーザーの声】「意識を覚醒させるスイッチとしてのコーヒー」建築家・谷尻 眞
PAGE TOP