おいしいコーヒーの
入れ方とは?

バリスタが、コーヒーをおいしく入れる
基本的な方法を簡単解説

「カフェで飲むコーヒーが好き」
という方は多いと思います。
コク深い味わいに、
ほっとひと息リラックスできますね。
そんなおいしいコーヒーを「自分で入れてみたい」
と思ったことはありませんか?

この記事では、バリスタに聞いた
おいしいコーヒーの入れ方から、
入れる際に準備するもの、
押さえておきたいポイントまで、
コーヒーをおいしく入れる
基本的な方法を解説していきます。

おいしいコーヒーを自分で入れよう!
入れ方の基本ルール

まずは、コーヒーを入れる際に準備するものや、
入れ方の基本ルールをご紹介します。
初めて自分でコーヒーを入れる方は
参考にしてみてください。

コーヒーを入れるために
準備するもの

コーヒーを入れるために必要なものは以下になります。
・ コーヒー豆
・ 水
・ カップ
・ 計量スプーン
・ コーヒーグラインダー(※コーヒー豆を豆のままで購入する場合にのみ必要)

コーヒーの入れ方の基本ルール

コーヒー豆はできるだけ新鮮なものを、ドリップやエスプレッソなど抽出器具にあわせた挽き具合のものを用意しましょう。自宅でコーヒー豆を挽く際には、コーヒーグラインダーという機器を使用します。コーヒー豆は抽出器具にあわせて挽くのがおすすめです。

水は新しいものであれば、ミネラルウォーターでも水道水でも構いません。コーヒーを入れるカップは、風味を保てるように、あらかじめ温めておきましょう。

デロンギの
コーヒーグラインダーはこちら

コーヒーを入れる方法には
どんなものがあるの?

コーヒーを入れる方法はいろいろあります。
ここからは、コーヒーを入れる
代表的な4つの方法をご紹介します。

ハンドドリップ式

最も手軽に本格コーヒーを楽しめるのがハンドドリップ式です。ドリッパーにペーパーとコーヒー粉をセットし、ゆっくりとお湯を注げば、抽出されたコーヒーがサーバーに落ち、コーヒーのできあがり。

ハンドドリップにはドリッパーやペーパー、サーバーなどの抽出器具が必要です。これに加え、コーヒー豆を自分挽く場合は、コーヒーグラインダーも必要です。

サイフォン式

コーヒー豆はできるだけ新鮮なものを、ドリップやエスプレッソなど抽出器具にあわせた挽き具合のものを用意しましょう。自宅でコーヒー豆を挽く際には、コーヒーグラインダーという機器を使用します。コーヒー豆は抽出器具にあわせて挽くのがおすすめです。

水は新しいものであれば、ミネラルウォーターでも水道水でも構いません。コーヒーを入れるカップは、風味を保てるように、あらかじめ温めておきましょう。

ドリップコーヒーメーカー

ドリップコーヒーメーカーにコーヒー豆と水を入れて後は待つだけ。忙しい朝や来客の際など、手間をかけずに本格ドリップコーヒーが楽しめます。抽出したコーヒーを保温してくれる機能や、自動で豆を挽いてくれる機能など、機種によって機能はさまざま。

コスパのよい製品も多く、毎日缶コーヒーを飲むのであれば、いっそドリップコーヒーメーカーを購入した方が、お得な場合もあります。

出典 :
「珈琲のすべて」エイ出版
丸山珈琲「エスプレッソパーフェクトバイブル」ナツメ出版

デロンギの
ドリップコーヒーメーカーはこちら

エスプレッソマシン

極細で挽いた深煎り豆に、マシンで高圧をかけて抽出したものがエスプレッソです。非常に濃厚でコク深い味わいが楽しめます。抽出したコーヒーの表面に、豆の中に含まれている炭酸ガスからなる「クレマ」という泡ができるのも、エスプレッソの特徴。マキアート、カプチーノ、カフェラテなどはすべてエスプレッソにミルクを注いで作ります。

マシンなら簡単に自分で入れられる!
コーヒーを入れる手順とは?

コーヒーの入れ方はさまざまありますが、
ここではデロンギ全自動コーヒーマシンを使って、
レギュラーコーヒーを入れる手順を
ご紹介していきます。

コーヒーを入れる基本手順

① コーヒー豆を豆ホッパー(豆を入れるところ)に入れ、水を入れたタンクを取り付けます。水を入れる量はタンクにメモリが記載されています。

② 本体の電源を入れます。

③ 抽出口の高さを調整して、カップ受けにカップを置いてください。

④ ボタンを押すだけです。

デロンギ全自動コーヒーマシンは「豆を挽く」「お湯を沸かす」という手間がかかりません。最初にセッティングさえすれば、ボタンひとつで本格的でおいしいコーヒーができあがります。

コーヒーを自分で入れてみませんか?
デロンギの全自動コーヒーマシンが体験できる試飲会実施中!

デロンギ製品を購入する前に、実際に飲んでみたいという方も多いはず。デロンギでは実際に、全自動コーヒーマシンの魅力を体験できる試飲会を実施しています。

試飲会はデロンギの直営ショールームである「デロンギ 表参道」をはじめ、全国の家電量販店や百貨店のコーヒーコーナーで実施しています。デロンギ専属のスタッフが入れたコーヒーを試飲できる機会ですので、ぜひ足を運んでみてください!

それぞれの手順でおさえておきたい
ポイントを解説!

コーヒーを入れる手順のなかで、
押さえておきたいポイントを解説していきます。
水の種類や豆の量で味わいが変わるコーヒー。
ポイントを押さえて、
上質な1杯を入れましょう。

水は何でもいいの?

コーヒーは液体なので、使用する「水」が大切です。コーヒーに使う水は大きく分けて3つあります。カルシウムやマグネシウムの含有量が少ない軟水と、含有量の多い硬水、そしてカルキを含む水道水があります。それぞれの特徴を確認してみましょう。

・ 軟水
口当たりがよく、コーヒー本来の味が楽しめます

・ 硬水
苦みや渋みが強くなる傾向にあります

・ 水道水
日本の水道水は軟水ですが、カルキのにおいが気になる方は、浄水器を使いましょう。

出典 :
「珈琲のすべて」エイ出版

豆と水のみで構成されるコーヒーなので、使用する水によっても味わいは大きく変化します。軟水はマイルドな味になり、硬水は苦味が強くなります。日本の水は軟水傾向ですので、ご家庭で抽出されるコーヒーはマイルドな味わいに仕上がります。

カルキが含まれる水道水が気になる方は、浄水器の水やミネラルウォーターなどをお使いください。ミネラルウォーターを使用する場合は軟水がおすすめです。

どんなコーヒー豆を使う?
入れる量は?

コーヒーの味わいを決定づけるのに一番大切なものが、コーヒー豆。一般的にコーヒー豆は「新鮮なもの」が推奨されていて、豆が焙煎されたてのものほどおいしいものと言われています。ちなみに、一般的、と前置きしたのは理由があって「熟成させた豆を使うこと」をポリシーにしている店舗も一部あります。

ここからは、初めてコーヒーを入れる方におすすめの豆の種類や分量を解説していきます。

豆の種類

コーヒー豆の味の決め手としては原産地。アフリカ産、アジア産、南アメリカ産でおおよその味が決定づけられます。ワインと同じようにテロワール「生産するための土壌環境」が豆の味わいにとても影響していきます。

・ アフリカ産
柑橘系やベリー系の風味

・ アジア産
スパイシーと豊かなコク、併せ持ちクセのない苦味

・ 南アメリカ産
上品な香りを持ち、酸味・苦味のバランスもよい

初心者の方にまずおすすめしたいのが、産地の異なる豆をお店独自の割合で配合している「ブレンド」です。
人気のコーヒーチェーンも、独自のブレンドを販売しています。

豆を入れる量

豆の量はお好みで調整しましょう。1杯(130ml抽出)あたりに使う豆の量は抽出する水分量によっても前後しますが、いろんなお店の分量を平均すると豆は10gです。

豆乳を入れてソイラテなどを楽しみたい方は、「調整豆乳」と「無調整豆乳」の違いを覚えておきましょう。調整豆乳は甘味があり飲みやすく、無調整豆乳は甘味はありませんが、大豆の風味が感じられます。どちらがおすすめというものではありませんので、お好みで選んでみてください。豆乳は直前までは必ず冷やしたものをご使用ください。

レギュラーもカプチーノもこれ1台!
デロンギの全自動コーヒーマシン
「マグニフィカ S ECAM22112」

手軽に上質なコーヒーが味わえる
全自動コーヒーマシンは、
家に1台あると生活の質が
ぐっと上がります。
ここからは、デロンギの全自動コーヒーマシン
「マグニフィカS ECAM22112」の
メリットと特長を解説していきます。

「マグニフィカS ECAM22112」は豆と水をセットしてボタンを押すだけで計量、挽豆、抽出、簡易洗浄まで自動でおこなってくれるコーヒーマシンです。コーン式グラインダーが搭載されているのでコーヒー豆は豆のままを使っていただくのがポイントです。毎回挽きたての味わいを楽しめます。

ミルクフロッサーを使うことで、お店のようなカプチーノも作れます。操作は簡単なので、機械が苦手な方も使いやすいです。前面のダイヤルを操作することで、自分好みのマイコーヒーも作ることができます。

全自動コーヒーマシン
「マグニフィカ S ECAM22112」
のメリット

① 自宅にいながら本格的なコーヒーが楽しめる。
カフェの味を自宅で再現できるのが全自動コーヒーマシンの魅力。ほっとひと息つきたいとき、いつでもコーヒーが飲めるのは幸せです。

② コーヒー豆と水をセットするだけですぐに飲める
コーヒー豆と水をセットすれば、あとは全部マシンの仕事!時間を取られないので、忙しい朝にもピッタリです。

③ コーヒーメニューの幅がぐんと広がる
マグニフィカS ECAM22112であれば、カプチーノやカフェラテなど、コーヒーメニューの幅がぐんと広がります。ラテアートにチャレンジしてみるのも◎。

全自動コーヒーマシン
「マグニフィカS ECAM22112」
の特長

① コーヒー豆を挽くのに最適な「コーン式グラインダー」採用
豆を挽く際の摩擦熱により、風味が飛びやすいコーヒーですが、マグニフィカS ECAM22112は低速回転で豆を挽き、摩擦熱を抑える「コーン式グラインダー」を採用。
香りを逃さない本格的な1杯を楽しめます。

② 計量から洗浄までボタン1つで
ボタン1つで水量・豆量の調整からコーヒーの抽出、洗浄まで自動で行ってくれるため、面倒な手間がかかりません。

③ どんなインテリアにもなじむスタイリッシュなデザイン
コンパクトにみえる工夫をしており置き場所を選ばず、どんなインテリアにも調和するスタイリッシュなデザインです。

④ ミルクフロッサーでふわふわミルクも
マグニフィカS ECAM22112には、ふわふわのフォームミルクが作れるミルクフロッサーも搭載。カフェで飲むようなカプチーノも手軽に楽しめます。

まとめ

コーヒーは繊細な飲み物、
準備不足は味わいにも影響します。
そして、コーヒーは入れ方もさまざま、
ハンドドリップやサイフォンで
抽出を楽しむのもよし、
マシンで手軽にコーヒーを味わうのも素敵です。
あなた好みの入れ方で、
極上の1杯をご堪能ください。

まず製品を体験してみませんか?

試飲会・店舗情報はこちら

インターネット購入をご検討の方へ

オンラインショップはこちら

予約はこちらから