初心者はまずおさえておきたい、
コーヒー豆の選び方!

その種類や味の違いを解説

コーヒー専門店に行くと、
レジ横にずらりと並ぶコーヒー豆。
産地や焙煎度もさまざまで、
どれを選べばいいか悩んでしまう。
そんな経験はありませんか?

この記事では、バリスタに聞いた
豆を選ぶときに押さえておきたいポイントや、
焙煎度、産地による味の特徴など
コーヒー豆の選び方を解説していきます。

コーヒー豆を選ぶ前に
おさえておきたいポイント3

コーヒー豆をこれから購入する方に、
おさえておきたい3つのポイントをご紹介します。

鮮度のいい豆を適量購入する

コーヒー豆は空気に触れると酸化が進み、
次第に風味が損なわれていきます。そのため、1度に大量に豆を購入してしまうと、
使い切るまでに劣化が進んでしまいます。都度、適量を購入した方が、
鮮度を保ちつついろんな味を楽しめます。

豆のまま購入する

豆を購入する際、お店で挽いてもらうこともできますが、できれば豆のまま持ち帰り、コーヒーを淹れる度に挽くほうがおすすめです。コーヒーは粉状になると表面積が大きくなり、酸化が促進されてしまいます。豆のままの方が酸化しにくく、風味が長持ちします。

自宅でコーヒー豆を挽く際には、コーヒーグラインダーが必要になります。お店で挽いてもらうこともできるので、挽き具合(粗さ)を指定して購入しましょう。挽き具合(粗さ)がよくわからない場合は、「ドリップ用で」や「エスプレッソ用で」など、飲み方でオーダーしても伝わります。

お店などで「あ、このコーヒー美味しい!」と思った際に、スタッフさんに「どこの豆使っていますか?」と質問することです。それを繰り返していくことで、自分がどんなコーヒーが好きなのかを把握することができるようになります。

正しく保存する

豆は容器や袋に入れて密閉し、直射日光や高温・多湿を避けた場所に、出来るだけ空気に触れさせないようにして保存しましょう。自宅にこれといった冷暗所がない場合は、冷蔵庫や冷凍庫での保存もおすすめです。

豆の保存時のポイントは豆のまま状態で約2週間、粉の状態で約1週間がおいしく飲める期間です。真空包装やチッソ充填包装、脱酸素剤が封入してあるものを開封しなければ、賞味期間はもっと長くなります。

出典 :
丸山珈琲「エスプレッソパーフェクトバイブル」ナツメ出版

コーヒー豆を選ぶときはまず、
産地をチェック

豆を購入する際のポイントをおさえたら、
次は豆の選び方を学びましょう。
コーヒー豆の味を大きく左右するのが「産地」です。
ここでは産地ごとの特徴や、
ストレートとブレンドの違いを解説します。

ストレートとブレンド

まずはストレートとブレンドの違いから解説します。

・ ストレート
単一の産地のコーヒー豆のこと。ブルーマウンテンやキリマンジャロなどが有名で、産地ごとの豆の個性や特徴を味わえます。

・ ブレンド
複数の産地のコーヒー豆を、割合を決めて配合したもの。ストレートでは味わえない、複雑で奥深いコーヒーが楽しめます。
ストレートは「産地の味」であるのに対し、ブレンドは「お店の味」といってもよいでしょう。

産地

産地によって豆の味は大きく異なります。ここでは産地ごとの豆の特徴を解説します。

・ コナ
世界3大コーヒーのひとつ。ハワイ島南西部のコナ地区でのみ栽培される希少なコーヒー。マイルドな酸味と口当たりの良さが特徴。

・ グァテマラ
フルーティーな強めの酸味と、甘い香りが上品な味わい。

・ コロンビア
芳醇な香りとマイルドな酸味が特徴。ブラジル同様、クセがなく飲みやすいため、ブレンドのベースによく利用されます。

・ ジャマイカ
「黄金のバランス」と呼ばれ、苦み・酸味・コク、すべてが絶妙な調和のとれたコーヒー。ジャマイカ「ブルーマウンテン」として人気があります。

・ ブラジル
世界最大のコーヒー産地であるブラジルのコーヒーは、酸味や苦みにクセがなく、後味も軽やか。ブレンドのベースとしても◎。

・ エチオピア
苦みが少なく上質な甘みがあり、フルーティーな酸味も持ち合わせているのが特徴。「モカ」というブランド名で人気があります。

・ タンザニア
深いコクと強めの酸味、スッキリとした後味が特徴。「キリマンジャロ」というブランド名が有名です。

・ インドネシア
濃厚な苦味と香り、スパイシーな後味が特徴。やわらかな舌触りでブレンドのベースにも最適。「マンデリン」という名称が一般的です。

出典 :
丸山珈琲「エスプレッソパーフェクトバイブル」ナツメ出版

豆の違いを実際に味わってみる
おすすめのコーヒー豆はこちら

イタリアの名店ムセッティ社が、
デロンギの全自動コーヒーメーカーに
あわせてブレンドした特別なコーヒー豆がこちら。
豆の違いを実際に味わってみたい方は、
ぜひお試しください。

デロンギの
コーヒー豆はこちら

酸味、苦味、コク…
コーヒーの味わいは焙煎で決まる

コーヒーの味わいは焙煎で決まると
言っても過言ではありません。
焙煎によって変化する「酸味・苦み・コク」のことや、
そもそも焙煎とは何かなど、
知っているようで知らない焙煎と
味わいの関係を解説していきます。

味と焙煎の関係性

コーヒーの味わいは「コク・苦み・酸味」でよく表現されますが、この3つの言葉は具体的にどういった味を指すのか知っていますか?まずは、コーヒーのコク・苦み・酸味について解説します。

・ コク
コーヒーを飲んだ時に感じる厚みや重厚感、また、それらからくる「のどごし」のこと。これらは豆に含まれる油分である「コーヒーオイル」の質や、苦みとの調和によって生み出されます。焙煎度が深くなるにつれて、コクも増していきます。

・ 苦味
焙煎によって生じた焦げ感のこと。苦みがあることで、コーヒーらしい香ばしさを感じることができます。焙煎度は、中煎りの段階でほのかな苦みがあらわれ、さらに深煎りでは上質な苦みが堪能できます。

・ 酸味
コーヒーをスッキリとした飲み口にしてくれるのが酸味です。焙煎度は浅いほど酸味があり、煎り、深煎りと進むにつれて抑えられていきます。

焙煎とは

コーヒー豆に熱を加えて、味と香りを引き出す作業を焙煎(ロースト)といいます。焙煎機を使って焙煎をする人のことを、焙煎士(ロースター)と呼びます。

・ 焙煎の種類
この焙煎には段階があり、最も焙煎が浅く爽やかな味わいの「ライトロースト」から、深い焙煎でしっかりとコクを味わえる「イタリアンロースト」まで、焙煎の度合いによって8段階に呼び名が分かれます。一般的なコーヒーは中煎りの「ハイロースト」が多く、様々な産地の豆にも合う万能な焙煎度です。

・ ライトロースト
コーヒーにうっすらと焦げ目がついている状態です。苦味が少なく、酸味が非常に強い味わいが特徴です。コーヒー豆の特徴をみるためのカッピングテストなどで使われる場合もあります。

・ シナモンロースト(浅煎り)
シナモンのような色合いで、まだまだ浅い状態です。味はほとんどなく、口当たりのいいスッキリとした酸味が特徴で、コーヒーブームの潮流、サードウェーブによく見られる焙煎度合です。日本では浅煎りという分類に入ります。

・ ミディアムロースト(中煎り)
コーヒーが茶褐色になっている状態です。酸味が強いことに加え、コーヒー特有の苦味が感じられるようになってくるあたりの焙煎の強さです。日本では中煎りという分類に入ります。日本での知名度が高い高級豆(キリマンジャロ、ブルーマウンテン、コナコーヒ)は、このミディアムローストで焙煎が行われることが多いです。

・ ハイロースト(中煎り)
酸味と苦味の調和が取れており、市販のコーヒー豆として一般的な焙煎度。酸味と苦味のバランスがよく、口当たりとしてはまろやかです。癖がなくいわゆる“万人受け”するタイプです。

・ シティロースト(中深煎り)
酸味はほとんど感じられずコクのある苦味が強めで、日本人好みだと言われています。透明感があるため味や香りの個性がはっきりと感じられます。シティローストの“シティ”という名前の由来は“ニューヨークシティ”から来ているそうです。

・ フルシティロースト(中深煎り)
酸味がなくなり苦味とコクが引き出されますので、コーヒーの苦味が好きな人にフルシティローストはおすすめの焙煎具合です。コーヒーらしい芳ばしい香りも引き立ちます。エスプレッソやアイスコーヒーに用いるのにもオススメ。

・ フレンチロースト(深煎り)
エスプレッソ、アイスコーヒーにぴったりな焙煎度合いです。カフェオレや、ウィンナーコーヒーなど、ミルクを入れるアレンジコーヒーもこのフレンチローストならコーヒーの味わいはしっかりと楽しめます。

・ イタリアンロースト(深煎り)
豆の色は真っ黒で、コーヒー豆が持つ油分が表面ににじみ出てくるので、ツヤツヤと照りがあり、コクが深いのが特徴的で、燻製のようなスモーキーな香味も加わります。「イタリアン」の名前どおり、イタリアで飲むエスプレッソに定番の焙煎度合いです。

出典 :
「珈琲のすべて」エイ出版
丸山珈琲「エスプレッソパーフェクトバイブル」ナツメ出版

実は、コーヒーメニューによっても
おすすめの焙煎度があります

焙煎度によって味わいが変わるということは、
コーヒーメニューによってもおすすめの
焙煎度があるということ。
次は、コーヒーメニューと焙煎の関係をご紹介します。

焙煎とコーヒーメニューの
関係とは

コーヒーメニューによって最適な焙煎度も変わってきます。苦みやコクを出したいメニューには深煎りを、逆にさっぱりとした飲み口にしたい場合は中煎りを使うのが一般的です。

コーヒーメニュー別、
おすすめ焙煎度

コーヒーメニュー別のおすすめの焙煎度はこちらです。

・ エスプレッソ
フレンチローストやイタリアンローストといった深煎りの豆を使うのが一般的です。

・ カプチーノ
エスプレッソ同様に、ミルクにコーヒーの味わいや風味が負けてしまわないようにフレンチローストやイタリアンローストといった深煎りの豆を使うのが一般的です。

・ カフェラテ
カプチーノ同様に、ミルクにコーヒーの味わいや風味が負けてしまわないようにフレンチローストやイタリアンローストといった深煎りの豆を使うのが一般的です。

・ レギュラーコーヒー
上質な豆(スペシャルティコーヒー)を味わおうとする今のコーヒー界のトレンドは「シナモンロースト」を中心とした浅煎りの豆を使います。コーヒー本来の価値を大事にしようという流れによるもの。

出典 :
「珈琲のすべて」エイ出版

初心者にも簡単操作で本格的なコーヒーを。
デロンギ コーヒーマシン
「マグニフィカ S ECAM22112」

デロンギの全自動コーヒーマシンは
初心者の方でも簡単操作で本格コーヒーが味わえます。
豆の選び方がわかったら、
次はマシンで抽出してみませんか?
ここからは、デロンギの全自動コーヒーマシン
「マグニフィカS ECAM22112」のメリットと
特長を解説していきます。

「マグニフィカS」は豆と水をセットしてボタンを押すだけで計量、挽豆、抽出、簡易洗浄まで自動でおこなってくれる全自動コーヒーマシンです。コーン式グラインダーが搭載されているのでコーヒー豆は豆のままを使っていただくのがポイントです。毎回挽きたての味わいを楽しめます。

ミルクフロッサーを使うことで、お店のようなカプチーノも作れます。操作は簡単なので、機械が苦手な方も使いやすいです。前面のダイヤルを操作することで、自分好みのマイコーヒーも作ることができます。

全自動コーヒーマシン
「マグニフィカ S ECAM22112」
のメリット

① 自宅にいながら本格的なコーヒーが楽しめる。
カフェの味を自宅で再現できるのが全自動コーヒーマシンの魅力。ほっとひと息つきたいとき、いつでもコーヒーが飲めるのは幸せです。

② コーヒー豆と水をセットするだけですぐに飲める。
コーヒー豆と水をセットすれば、あとは全部マシンの仕事!時間を取られないので、忙しい朝にもピッタリです。

③ コーヒーメニューの幅がぐんと広がる。
マグニフィカS ECAM22112であれば、カプチーノやカフェラテなど、コーヒーメニューの幅がぐんと広がります。ラテアートにチャレンジしてみるのも◎。

全自動コーヒーマシン
「マグニフィカS ECAM22112」
の特長

① コーヒー豆を挽くのに最適な「コーン式グラインダー」採用。
豆を挽く際の摩擦熱により、風味が飛びやすいコーヒーですが、マグニフィカS ECAM22112は低速回転で豆を挽き、摩擦熱を抑える「コーン式グラインダー」を採用。香りを逃さない本格的な1杯を楽しめます。

② 計量から洗浄までボタン1つで。
ボタン1つで水量・豆量の調整からコーヒーの抽出、洗浄まで自動で行ってくれるため、面倒な手間がかかりません。

③ どんなインテリアにもなじむスタイリッシュなデザイン。
コンパクトにみえる工夫をしており置き場所を選ばず、どんなインテリアにも調和するスタイリッシュなデザインです。

④ ミルクフロッサーでふわふわミルクも。
マグニフィカS ECAM22112には、ふわふわのフォームミルクが作れるミルクフロッサーも搭載。カフェで飲むようなカプチーノも手軽に楽しめます。

コーヒーを自分で入れてみませんか?
デロンギの全自動コーヒーマシンが体験できる試飲会実施中!

デロンギ製品を購入する前に、実際に飲んでみたいという方も多いはず。デロンギでは実際に、全自動コーヒーマシンの魅力を体験できる試飲会を実施しています。

試飲会はデロンギの直営ショールームである「デロンギ 表参道」をはじめ、全国の家電量販店や百貨店のコーヒーコーナーで実施しています。デロンギ専属のスタッフが入れたコーヒーを試飲できる機会ですので、ぜひ足を運んでみてください!

まとめ

コーヒー豆は使い切れる分だけ購入し、
冷蔵庫などの冷暗所に保存するのがおすすめです。
豆は産地や焙煎度によって味が異なるので、
飲みたいメニューやコーヒーの淹れ方で
選んでみてください。
とりあえず飲んでみたいという方は、
好きなお店のブレンドを買ってみましょう。
あなた好みのコーヒー豆に出会えますように。

まず製品を体験してみませんか?

試飲会・店舗情報はこちら

インターネット購入をご検討の方へ

オンラインショップはこちら

予約はこちらから