コーヒー豆の挽き方とは?
粗さによる味の違いを解説!

挽き方の基本と種類について

コーヒーを淹れる時には、
「豆を挽く」という作業が欠かせません。
この作業、実は奥が深く
コーヒーの味わいにも
とても影響するということはご存じでしょうか?

今回はコーヒー豆の
挽き方の種類や粗さによる味の変化、
抽出方法ごとの最適な挽き目など、
おいしいコーヒーを淹れるうえで
大切な豆の挽き方を紹介します。

コーヒー豆の挽き方とは?
挽き方の種類について

まず、「豆を挽く」とはどういうものなのか、
“挽く”の意味合いや、
豆を挽くための器具について解説します。

「コーヒー豆を挽く」とは?

「コーヒー豆を挽く」とは、豆を専用の器具で粉状にカットすることを意味します。この工程を「グラインド」とも呼び、グラインドには「グラインダー」や「ミル」など専用器具を用います。一般的に電動の器具を「グラインダー」、手動の器具を「ミル」と呼ぶことが多いのですが、ちゃんとした区別がついていないので、「電動ミル」という呼び名がつく製品も存在します。また、豆の挽き方にはさまざまあり、豆のロースト加減や飲む人の好みによって挽き方を変えることができます。

種類

豆を挽くための器具には”手動”と”電動”のものがあります。これらの特長を挙げながら紹介します。

コーヒーグラインダー(電動)

豆をホッパーに入れ、豆の粗さと杯数を設定、スイッチを入れるだけで簡単に豆が挽けます。手動の器具に比べ、粉の粗さを調整し均一に挽けることがメリットです。1度にたくさんコーヒーを淹れたい時にも手間がかからず便利です。また、エスプレッソ向けの「極細挽き」は電動グラインダーで挽くのがいいでしょう。

出典 :
丸山珈琲「エスプレッソパーフェクトバイブル」ナツメ出版

デロンギの
コーヒーグラインダーは
こちら

コーヒーミル(手動)

豆をミルにセットし、調整ネジで粗さを調整したのちに、レバーをグルグル回して挽いていきます。挽きたての香りを楽しめるのが特長です。豆を挽く工程を楽しみたいという方や、電動だと音が気になる方におすすめです。また器具はデザインがおしゃれなものが多く、インテリアとしても楽しめます。最近はアウトドアへ持ち出せるコンパクトな製品が人気です。

コーヒー豆を挽く前に
チェックしておきたいコツは4つ!

おいしいコーヒーを淹れるために
気をつけたいコツを4つご紹介します。

コーヒーを飲むときに必要な分だけこまめに挽く

コーヒー豆は粉状になると酸素と触れる面積が増え、風味が飛びやすくなります。そのため毎回必要な分量だけを挽き、挽きたての粉で淹れるようにしましょう。

粒の粗さを均一にそろえる

粒の粗さを均一にそろえることで、雑味がなくなりコーヒーがよりおいしく仕上がります。

抽出方法にあった挽き方で挽く

ドリップやコーヒープレス、エスプレッソなどさまざまな方法があり、それぞれに適した粗さがあります。抽出方法に合った最適な粗さで挽きましょう。

熱を加えないように挽く

ドコーヒー粉は熱を加えると香りが飛び、雑味が混じってしまいます。そのため、手動で挽く際はレバーをゆっくり回して熱の発生を抑えましょう。また電動の場合は、低速回転で摩擦熱を抑えるタイプの製品がおすすめです。

出典 :
丸山珈琲「エスプレッソパーフェクトバイブル」ナツメ出版
「珈琲のすべて」エイ出版

挽き方によって味わいも変化
挽き目と味の関係性

挽き目(粉の粗さ)によって
コーヒーの味わいは変わります。
ここからは挽き目の種類や、
挽き目と味の関係性について解説します。

挽き目について

挽き目は好みで選んでもよいのですが、抽出方法ごとに最適とされる挽き目が決まっています。はじめて豆を挽く方は参考にしてみてください。

・ 極細挽き
エスプレッソ向けの挽き目です。

・ 細挽き
コクが際立ち苦みが強いのが特長です。成分が抜けにくい水出しコーヒー(アイスコーヒー)を作るのに最適です。

・ 中細挽き
一般の家庭に置いてあるペーパードリップやコーヒーメーカーなどと合わせやすい挽き目です。

・ 中挽き
中挽きは中細挽きに比べ雑味を抑えることができ、サイフォンやネルドリップでの抽出に向いています。

・ 粗挽き
粗挽きは酸味が強く、あっさりとした味わいが楽しめます。とくにキャンプなどで使うパーコレーターに適しています。

「コーン式コーヒーグラインダーKG366J」は低速回転でコーヒーの命である揮発性のアロマを損なわず、粒度の均一性も高いデロンギのコーン式(円錐型)コーヒーグラインダーを採用。エスプレッソ用の極細挽きからネルドリップ用の中挽きまで、粒度(粉の細かさ)を4つのステージで16段階の粒度設定が可能です。

エスプレッソ、ドリップ、ネルドリップ用など、お好みの挽き具合を選択できます。上部挽き刃は取り外しできるので、付属のクリーニングブラシで簡単にお手入れが簡単です。

出典 :
「珈琲のすべて」エイ出版

挽き目と味の関係性

挽き目とコーヒーの味には密接な関係があります。挽き目が細かくなるほど、コクが際立ち苦みも強くなります。逆に粗くなるほど酸味が強く、あっさりとした味わいになるのです。どちらがよいというものではないので、あなた好みの挽き目を探してみてください。

コーヒーを自分で入れてみませんか?
デロンギの全自動コーヒーマシンが体験できる試飲会実施中!

デロンギ製品を購入する前に、実際に飲んでみたいという方も多いはず。デロンギでは実際に、全自動コーヒーマシンの魅力を体験できる試飲会を実施しています。

グラインダーならコーヒー豆を簡単・おいしく挽ける
おすすめのデロンギの
コーヒーグラインダー

ここからはデロンギの
グラインダーのおすすめポイントや、
グラインダーの種類について
解説していきます。

デロンギ
「コーン式コーヒーグラインダーKG366J」の
おすすめポイント4つ

デロンギのグラインダーのおすすめポイント「粒度(挽き目)調整が可能」「計量いらず」「風味を引き出す」の3つについて解説します。

① 豆の粒度が均一に挽ける、コーン式コーヒーグラインダーを採用。
コーン式挽き刃(2枚構成)により、従来のグラインダーに比べ豆を均一に挽くことができます。高性能リダクション(低速回転)モーターの採用で、豆を挽く時の摩擦熱を最小限に抑えるため、揮発性のコーヒーアロマを損なわずコーヒー本来の香りと風味を保つことができます。

② 16段階のきめ細やかな粒度設定で、1台で様々なコーヒーが楽しめます。
極細挽き~中挽きと16段階の粒度設定が可能で、コーヒー豆やメニューに合わせてお好みの挽き具合を選択できます。

③ 挽きたい分だけすぐに挽ける杯数ダイヤル。
コーヒー豆を挽く量を1~12杯分の間で杯数選択ができます。

④ 動作時の音が静か。
まだ家族が起きていない早朝にコーヒーを飲みたくなった際に、豆を挽いても音が静かなので起こしてしまう心配もありません。

グラインダーの種類

デグラインダーは大きく分けて「コーン式」「うす式」「カッター式」の3種類。なかでもコーン式グラインダーは豆の風味が飛びにくく、最もおいしいコーヒーに仕上がります。

コーン式 コーヒーグラインダー

円錐(Cone/コーン)状の刃が筒状の刃の間で回転し、豆を粉砕する仕組みです。エスプレッソ用の極細挽きから、コーヒープレス用の粗挽きまで、お好みの器具に合わせて幅広く調整できるため、家庭でいろいろなコーヒーを楽しみたい人には最もおすすめです。また、挽き目が多角的になるため、お湯が触れる面積が広がり、豆の風味を出しやすいという特長もあります。

うす式 コーヒーグラインダー

うすを上下でかみ合わせてすり潰す方式で、挽いた豆の均一性や微粉量の少なさが特長です。一方で摩擦熱を発しやすいデメリットがあり、熱に弱いコーヒー豆の香り、風味が損なわれるといわれています。

カッター式 コーヒーグラインダー

高速回転する刃でカットする方式で、「小型」で「安く」て「手軽」で、使わない場合も収納しやすいのが特長です。挽けるコーヒー豆のサイズは細挽きまでで、基本的にエスプレッソ用などの極細挽きに対応していません。

こだわりの道具で最高の1杯
デロンギのコーヒーグラインダーはこちら

デロンギではコーヒーグラインダーも扱っています。こだわり抜いた道具があなたの最高の1杯をお手伝いします。

自動で豆が挽けるグラインダーのほかにも、豆を挽く工程からコーヒーに仕上げるところまで、全自動で行ってくれる「マグニフィカ S ECAM22112」ですと、より手軽で本格的なコーヒーが楽しめます。

初心者でも簡単操作で
本格的なコーヒーを。
デロンギの全自動コーヒーマシン
「マグニフィカ S ECAM22112」

デロンギの全自動コーヒーマシンは
初心者の方でも簡単操作で
本格コーヒーが味わえます。
ここからは、デロンギの全自動コーヒーマシン
「マグニフィカS ECAM22112」の
メリットと特長を解説していきます。

全自動コーヒーマシン
「マグニフィカ S ECAM22112」
のメリット

① 自宅にいながら本格的なコーヒーが楽しめる。
カフェの味を自宅で再現できるのが全自動コーヒーマシンの魅力。ほっとひと息つきたいとき、いつでもコーヒーが飲めるのは幸せです。

② コーヒー豆と水をセットするだけですぐに飲める。
コーヒー豆と水をセットすれば、あとは全部マシンの仕事!時間を取られないので、忙しい朝にもピッタリです。

③ コーヒーメニューの幅がぐんと広がる。
マグニフィカS ECAM22112であれば、カプチーノやカフェラテなど、コーヒーメニューの幅がぐんと広がります。ラテアートにチャレンジしてみるのも◎。

全自動コーヒーマシン
「マグニフィカS ECAM22112」
の特長

「マグニフィカS ECAM22112」には便利な機能がありますが、そのなかでも特に注目したい4つの特長をご紹介いたします。

① エスプレッソの豆を挽くのに最適な「コーン式グラインダー」採用。
「マグニフィカS ECAM22112」では低速回転で豆を挽き、摩擦熱を抑える「コーン式グラインダー」を採用し、コーヒーの風味を逃がさずに挽きます。挽き目は7段階から調節可能です。

② 計量から洗浄までボタン1つで。
ボタン1つで水量・豆量の調整からコーヒーの抽出、洗浄まで自動で行ってくれるため、面倒な手間がかかりません。

③ どんなインテリアにもなじむスタイリッシュなデザイン。
マグニフィカより横幅が約4cmコンパクトになり、置き場所を選ばず、どんなインテリアにも調和するスタイリッシュなデザインです。

④ ミルクフロッサーでふわふわミルクも。
「マグニフィカS ECAM22112」には、ふわふわのフォームミルクが作れるミルクフロッサーが搭載しています。カフェで飲むようなカプチーノも手軽に楽しめます。

コーヒーを自分で入れてみませんか?
デロンギの全自動コーヒーマシンが体験できる試飲会実施中!

デロンギ製品を購入する前に、実際に飲んでみたいという方も多いはず。デロンギでは実際に、全自動コーヒーマシンの魅力を体験できる試飲会を実施しています。

試飲会はデロンギの直営ショールームである「デロンギ 表参道」をはじめ、全国の家電量販店や百貨店のコーヒーコーナーで実施しています。デロンギ専属のスタッフが入れたコーヒーを試飲できる機会ですので、ぜひ足を運んでみてください!

まとめ

豆の挽き方や挽き目の種類、
デロンギのグラインダーの特長など紹介しました。
グラインダーでお好みの粗さに挽くほかにも、
より手軽で本格的なコーヒーを楽しめる、
全自動コーヒーマシン「マグニフィカS ECAM22112」もおすすめです。
この記事をきっかけに、コーヒーの魅力に
触れてみてはいかがでしょうか。

まず製品を体験してみませんか?

試飲会・店舗情報はこちら

インターネット購入をご検討の方へ

オンラインショップはこちら

予約はこちらから