コーヒーには
どんな種類があるの?

コーヒー豆の違いや
作り方を解説

コーヒーチェーンに行くと、カフェラテや
カプチーノ、マキアートなど、
たくさんのドリンクメニューがあります。
どれを飲んでもおいしいですが、
これらのメニューの違いをご存知ですか?

しかも、コーヒーの種類は
メニューだけではありません。
コーヒーの味の決め手となる「豆」も、
産地ごとに風味が異なります。
今回はそんな奥深いコーヒーの種類や、
産地ごとの豆の特徴を
ひとつひとつ解説していきます。

コーヒーにはどんな種類があるの?

コーヒーは大きく分けて2種類、
「エスプレッソ」と「ドリップコーヒー」に
分けられます。
また、ミルクを加えることで、
さまざまなメニューができあがります

コーヒーの種類一覧

まずは基本となる「エスプレッソ」と「ドリップコーヒー」の違いを解説します。次にそれらから作られる、「アメリカーノ」と「アメリカン」も見ていきましょう。

・ エスプレッソ
極細挽きの豆を、専用のマシンで高圧抽出したのがエスプレッソ。ほかの抽出方法よりもコーヒー豆の成分を濃く抽出できるため、深いコクと香りが楽しめます。豆の中の炭酸ガスからなる泡、「クレマ」ができるのもエスプレッソの特徴です。

・ ドリップコーヒー
フィルターの上にセットしたコーヒー粉にお湯を注ぎ、お湯の自重のみで濾して抽出したのがドリップコーヒーです。スッキリとした味わいが特徴。

・ アメリカーノ
エスプレッソをお湯で割って飲みやすくしたもの。口当たりがよく、マイルドな味わいが特徴。

・ アメリカン
浅煎りの豆を使って、多めのお湯で抽出したドリップコーヒー。苦み、酸味が少なく、飲みやすいのが特徴です。アメリカーノとは別物。

ミルクを入れた
コーヒーの種類一覧

続いては、ミルクを入れたコーヒーの種類をご紹介します。エスプレッソにミルクを入れることで、カフェラテやカプチーノなど多彩なメニューが作れます。

・ カフェラテ
エスプレッソにたっぷりのスチームミルク(温めたミルク)を入れたもの。コーヒーの苦みが抑えられて飲みやすく、優しい味わいが特徴。

・ カプチーノ
エスプレッソにフォームミルク(泡立てミルク)を入れたもの。カフェラテよりもミルクの量が少なく、よりエスプレッソの風味を感じられるのが特徴。

・ ウインナーコーヒー
ドリップコーヒーに、砂糖を加えたホイップクリームを乗せたもの。クリームの甘味とコーヒーの苦みが絡み合い、絶妙な味わいを楽しめます。

・ カフェモカ
エスプレッソにチョコレートシロップとフォームミルクを加え、さらにその上からホイップクリームを乗せたもの。スイーツのような味わいが楽しめる、贅沢なドリンク。

出典 :
「珈琲のすべて」エイ出版
丸山珈琲「エスプレッソパーフェクトバイブル」ナツメ出版

コーヒーを自分で入れてみませんか?
デロンギの全自動コーヒーマシンが体験できる試飲会実施中!

デロンギ製品を購入する前に、実際に飲んでみたいという方も多いはず。デロンギでは実際に、全自動コーヒーマシンの魅力を体験できる試飲会を実施しています。

試飲会はデロンギの直営ショールームである「デロンギ 表参道」をはじめ、全国の家電量販店や百貨店のコーヒーコーナーで実施しています。デロンギ専属のスタッフが入れたコーヒーを試飲できる機会ですので、ぜひ足を運んでみてください!

メニューによってコーヒー豆は
変えた方がいいの?

コーヒー豆は、産地によって風味や酸味、
苦みなどが異なります。
ここでは、産地ごとのコーヒー豆の特徴と、
コーヒーメニューとの相性をご紹介していきます。

コーヒー豆の種類一覧

・ モカ
イエメン産・エチオピア産コーヒー豆のブランド。苦みが少なく上質な甘みがあり、フルーティな酸味も持ち合わせているのが特徴。

・ グァテマラ
日本でも人気が高いグァテマラ産のコーヒー豆。香りと酸味が強く、個性的で上品な味わいに仕上がります。

・ ブルーマウンテン
ジャマイカ産コーヒー豆のブランド。「黄金のバランス」の呼び名どおり、苦み・酸味・コク、すべてが絶妙な調和のとれたコーヒーです。

・ ブラジル
世界最大のコーヒー産地であるブラジル産のコーヒー豆。酸味や苦みにクセがなく、後味も軽やかです。この飲みやすさがブラジルコーヒーの特徴。

・ マンデリン
インドネシアのスマトラ島で栽培されるコーヒー豆。コクと苦みをギュッと凝縮したような味わいで、深煎りにしてもハーブ系の風味が残ることが特徴です。

・ コロンビア
世界第3位のコーヒー豆生産地であるコロンビア産のコーヒー豆。豊かなコクと香りに、スッキリとした後味が絶妙に調和しているのが特徴。芳醇な香りも印象的。

出典 :
丸山珈琲「エスプレッソパーフェクトバイブル」ナツメ出版

デロンギのコーヒー豆はこちら

バリスタおすすめの
メニュー別コーヒー豆を紹介!
メニューとコーヒー豆の
種類の関係性とは?

ここからはバリスタに聞いた
おすすめのメニュー別コーヒー豆を紹介します。

・ エスプレッソ
エスプレッソはイタリア発祥のコーヒーの飲み方で、歴史は比較的新しく、1906年にミラノ万博で紹介されたことによって世界に知られるようになりました。イタリアではエスプレッソ用の豆は「アラビカ種」と「ロブスタ種」のブレンドを用いることがポピュラーです。
一般的には「アラビカ種」は豊かな風味と酸味を持ち、豆を焙煎する過程で酸味が和らぎ、「香り」「苦み」「甘み」が引き出されていく豆種です。そして、「ロブスタ種」は香ばしいアロマやパンチの効いた苦味を出すには最適と言われています。それぞれの個性が融合することで古くから親しまれている味わいが出ているのです。
デロンギでは、イタリアの老舗ロースター「ムセッティ社」の豆をお勧め。中でも、特別なレシピでブレンドする「ゴールドキュベ」。これぞイタリアのエスプレッソ!と言える味わいです。

・ ドリップコーヒー
シングルオリジンと呼ばれる「生産国という大きなカテゴリーではなく、農場や生産者、品種や精製方法などの単位で一銘柄としたコーヒー」が今のトレンドです。これらの豆は「スペシャリティーコーヒー」と呼ばれることもあります。
ドリップコーヒーの定番のコーヒー豆は、「ブラジル」をおすすめします。世界で一番コーヒー豆を輸出している国はブラジルだからです。コーヒーの味の最大公約数というものがあるとすれば間違いなく「ブラジル」になるでしょう。

・ ブルーマウンテン
ジャマイカ産コーヒー豆のブランド。「黄金のバランス」の呼び名どおり、苦み・酸味・コク、すべてが絶妙な調和のとれたコーヒーです。

・ ブレンドコーヒー
ブレンドコーヒーは数種類のコーヒー豆を配合することで、ストレートコーヒー豆にはない新しい風味が作り出されています。全国津々浦々にあるコーヒーショップで販売されている「オリジナルブレンド」を目にすることがあると思うのですが、「酸味が効いている」「苦味のあるパンチが効いた味わい」「酸味と苦味のバランスがいい」といった特徴を見つけることで、ショップのコーヒーへの愛が注力されているような気がします。世界各地のコーヒー豆の持ち味を見い出し、個性を活かしながら数種の豆を配合する。ストレートでは味わうことのできないオリジナルのコーヒー。それがブレンドの大きな魅力です。

・ アメリカンコーヒー
喫茶店やファミリーレストランで「アメリカンコーヒー」というメニューを見かけることがありますが、味わいの位置付けとすれば「多めのお湯で抽出したさっぱりとした味わいのコーヒー」。リフレッシュのために飲むのに心地よい味わいです。
アメリカンコーヒーには、「ケニア」や「エチオピア」などの酸味の効いた産地のコーヒー豆がおすすめです。また、「ブラジル」や「コロンビア」などの南米の豆が酸味と苦味のバランスが良く、寝起きのモーニングコーヒーに適していると言われています。

1台で9通りのコーヒーが作れる!
デロンギの全自動コーヒーマシン「マグニフィカ S ECAM22112」

デロンギの全自動コーヒーマシン
「マグニフィカS ECAM22112 」は、
豆と水をセットしてボタンを押すだけで
計量から抽出までをすべて自動でおこなってくれる
デロンギの全自動のコーヒーマシンの
エントリーモデルです。

エントリーモデルとはいえ、
デロンギの上位モデルと同じ
コーン式グラインダーが採用されていて
低速回転するグラインダーが豆を
徐々に小さく切り刻んでいくので、
コーヒー豆の大切な香りが
熱で逃げることはありません。
これが香りの高く美味しいコーヒーが
出来上がる秘訣です。
極細挽きから細挽きまで粒度を
7段階に調整できる豆の挽き方、
コーヒーの濃さ、量など諸々の調節で、
エスプレッソからコーヒーまで
自分の好きな味わいを楽しむことができます。
コーヒーが好きな一家には
ぜひ一台導入いただきたい優れものです。

フロントはやや丸みをもたせ、実寸の横幅238mm
よりもコンパクトな印象になるよう設計。
置き場所を選ばないスタイリッシュなデザインで、
どんなインテリアにもマッチします

また、「マグニフィカS ECAM22112」なら、
エスプレッソをはじめ、
カプチーノやマキアートも簡単に作れます。
ここからは、マグニフィカで作れるメニューと、
マグニフィカに搭載されている
充実の機能をご紹介します。

全自動コーヒーマシン
「マグニフィカS ECAM22112」で
作れるコーヒーメニュー一覧

まずは、全自動コーヒーマシン「マグニフィカS ECAM22112 」で作れるコーヒーメニューをご紹介。

・ エスプレッソ
「マグニフィカS ECAM22112 」で作れるすべてのメニューのベースとなるエスプレッソ。高圧で一気に抽出することで、濃厚なコクと香りを楽しめます。

・ ドリップコーヒー
エスプレッソを通常よりも長い時間抽出し、コクを残しつつも飲みやすく、スッキリとした味わいのコーヒー。「マグニフィカS ECAM22112 」で楽しめるコーヒーの中で、最もベーシックなメニュー。

・ カフェジャポーネ
通常のレギュラーコーヒーよりも、さらにコク深いコーヒーを楽しみたいなら、マグニフィカに搭載されている「カフェ・ジャポーネ」を使ってみましょう。ハンドドリップの蒸らしをマシンが再現し、エスプレッソの旨味とドリップのスッキリ感を両立した素晴らしい味わいが楽しめます。

全自動コーヒーマシン
「マグニフィカS ECAM22112」で
作れるミルクメニュー一覧

続いては、「マグニフィカS ECAM22112 」で作れるミルクを使ったコーヒーメニューをご紹介します。
「マグニフィカS ECAM22112 」があれば、カフェで飲むようなミルクを使ったコーヒーメニューも気軽に簡単に楽しめます。

・ カプチーノ
エスプレッソ:温めたミルク:フォームミルク(蒸気で泡立てたミルク)が1:1:1の割合で作ります。

・ カフェラテ
エスプレッソにたっぷりの温めたミルクを加えて作ります。エスプレッソの量に対してミルクが2:8とミルクが多めです。

・ フラットホワイト
オーストラリアやニュージーランドで人気の、エスプレッソに少量の泡立てミルクをいれるフラットホワイトも、「マグニフィカS ECAM22112」なら簡単に作れます。ポイントはきめの細かい泡立てミルクを作ってエスプレッソの2倍くらいの量を入れるように意識しましょう。

・ アイスカフェラテ
氷を入れたグラスに牛乳を注ぎ、その上から抽出したエスプレッソを注ぐだけできあがり。

まとめ

コーヒーは大きく分けて
ドリップコーヒーとエスプレッソの2種類。
さらにエスプレッソに加える
ミルクの種類や量次第で、
カフェラテ、カプチーノ、マキアートと
呼び名が変わります。

コーヒーの味に大きく影響を与える豆は、
産地ごとに個性豊かな味わいを持っています。
豆の味を楽しみたい場合は、アメリカーノや
アメリカンなどをブラックで飲むのがおすすめです。
あなたにピッタリのコーヒーメニューと
豆が見つかりますように。

まず製品を体験してみませんか?

試飲会・店舗情報はこちら

インターネット購入をご検討の方へ

オンラインショップはこちら

予約はこちらから