コーヒー豆の選び方

コーヒー豆の選び方

コーヒーは、豆の種類や産地、焙煎、豆の挽き方によって味、香り、酸味が異なります。
その特徴を知って、自分の好みや気分にあった楽しみ方を見つけましょう。

産地ごとに異なる魅力

コーヒーはコーヒーベルトと言われる赤道に近いエリアで栽培されます。
その99%がアラビカ種とロブスタ種で占められており、
土地や気候によってその風味は異なります。

コーヒーベルト
  • コナ

    柔らかな酸味となめらかな口当たりを堪能できるアラビカ種の豆です。

  • グァテマラ

    苦味、酸味、甘味のバランスが絶妙な豆。ストレートでもブレンドでも愉しめます。

  • コロンビア

    甘い香りとマイルドな酸味が特徴。ブラジルと同様、ブレンドのベースによく利用されます。

  • ジャマイカ

    豊潤なコクと甘い香りを愉しめる上品な味わい。ジャマイカ「ブルーマウンテン」として人気があります。

  • ブラジル

    しっかりとした苦味と香りが魅力。ブレンドのベースに最適です。

  • エチオピア

    優雅な香りと果実のような酸味。エチオピア「モカ」として人気があります。

  • タンザニア

    キレのある酸味を堪能できます。タンザニア「キリマンジャロ」として有名です。

  • インドネシア

    90%以上がロブスタ種。濃厚な苦味と香りがあり、ブレンドのベースとしても多用されます。

コーヒー豆の焙煎方法は8段階

最も焙煎が浅くさわやかな酸味が楽しめるライトローストから
深い焙煎で深いコクが魅力のイタリアンローストまで様々な焙煎方法があります。
エスプレッソにはやや深めの焙煎、レギュラーコーヒーには中間の焙煎がおすすめです。

焙煎度の表

豆の挽き方 
粒度によって異なる味わい

豆を挽く際の粒度も味を大きく左右します。
粗挽きはすっきり、粒度が細かくなるほどコクが際立つ味わいになります。
デロンギの全自動コーヒーメーカーは極細挽きから細挽きで7段階の調整が可能。
繊細な味の違いが楽しめます。

一般的な豆の粒度の図

デロンギがおすすめするコーヒー豆

イタリアのコーヒー豆のトップブランド、ムセッティ社が
デロンギの全自動コーヒーメーカーにあわせてブレンドしたスペシャルなコーヒー豆です。

  • エボリューション 製品画像

    エボリューション

    アラビカ種100%
     

    ムセッティー最高品種のコーヒー豆。シングルエスプレッソで飲みたいときにおすすめの豆です。

    詳しくはこちら

  • パラディソ 製品画像

    パラディソ

    アラビカ種80% / 
    ロブスタ種20%

    ムセッティの中で最もスタンダードな豆。エスプレッソにして楽しむためのバランスがとてもいい豆です。

    詳しくはこちら

  • クレミッシモ 製品画像

    クレミッシモ

    アラビカ種70% / 
    ロブスタ種30%

    程よいクリーミーさと上品な酸味と深いコクとパンチの効いた味に特徴があります。

    詳しくはこちら

  • ロッサ 製品画像

    ロッサ

    アラビカ種60% / 
    ロブスタ種40%

    甘いアロマと苦み、インパクトをもったキレのある味。ミルクとの相性も良くカプチーノに最適なブレンドです。

    詳しくはこちら

まず製品を体験してみませんか?

試飲会・店舗情報はこちら

インターネット購入をご検討の方へ

オンラインショップはこちら